【Classy アート鑑賞会 vol.5】『ショーメ展』アフターレポート!

ライフスタイル系WEBマガジンにて美術展や映画の紹介記事をはじめ、
ファッション系の記事なども執筆している、ライターの新麻記子です。

先日、丸の内・三菱一号館美術館にておこないました、
【Classy アート鑑賞会 vol.5】が無事に終了いたしました!

参加者様には私の繋がりからInstagramのフォロワーさん、そしてClassy Academy 代表・写真
である石井 江奈さん
のアナウンサー時代にお世話になった放送作家さんまでいらしていただき…
ショーメ展』にて展示されている優美なジュエリーを鑑賞しました。

ハイジュエリーブランドの名門・ショーメ(CHAUMET)…
1780年創業者マリ=エティエンヌ・ニトによって生み出されたそのブランドは、
ナポレオン1世と皇妃ジョゼフィーヌのフランス王室のみならず、
イギリスなどのヨーロッパ諸国の王室に愛されました。

約240年間芸術的なジュエリーを数多く生み出し、
伝統を重んじつつも今尚革新性を追求しつづけているショーメ。
会場内の8つのパートを巡り、約300点もの作品を鑑賞しながら、
“ブランドが愛されている理由”に着目してレクチャーをしました!

そこで!
参加者様からのお声を頂戴いたしましたので、いくつか紹介させていただきます。

   

あたたかい感想を糧に…
もっと、もっと、アート好きの方々が楽しめる場を作っていきたいです!
私達は約240年間続くショーメの展覧会から伝統と革新に触れることができます。
そんな作品から感性を刺激してもらったり、精神を豊かにしてもらったり…それは大切なこと。

ですが…もう一歩だけ踏み込んでほしい!
作家や作品の背景を理解することは、人と向き合うということと同じです。
それは、必ず自分の学びになります。

今回の展覧会を選ばせてもらったのは…
どのようにしてブランドを存続することができたのか、
どのようにして人に愛されるブランドになったのか、
その魅力に迫ることで、一緒に新たな発見に触れ、
自分の学びへと昇華してほしい想いからでした。

次回の【Classy アート鑑賞会】は東京国立近代美術館にて開催されている
アジア初の大回顧展『ゴードン・マッタ=クラーク展』にて行います!

1970年代のNYを中心に活躍したアーティスト、ゴードン・マッタ=クラークは、
アート・建築・ストリートカルチャー・食など様々な分野で表現活動をしました。
是非、1970年代のNYの雰囲気を感じ取ることのできる会場を巡りながら、
40年前に彼が生み出したアイデアやメッセージから、
豊かに生きるためのヒントを感じ取ってみませんか?

そして、多くの方々にそのヒントを受け取ってほしい想いから、
これまで女性限定におこなってきた【アート鑑賞会】を
何方でも気軽に参加していただけるようにしました!
現代を豊かに生きていきたい想いは性別を問いませんからね^^
是非、一緒にゴードン・マッタ=クラークの作品を鑑賞しましょう!

【Classy アート鑑賞会 vol.6】

開催日時  8月25日(土)16:00〜17:30

今回は、美術館にてサマーフェスが開催されておりますので、終了後お時間ありましたらご一緒に軽食やお飲物をいただきながら、アートのお話をいたしましょう!

開催場所  東京国立近代美術館

募集人数  定員6名

下記の参加費に加え、別途 美術館入場料 1,200円(税込)がかかります。

LINE@にご登録いただいた時点で、ラインのお友達価格でご参加可能です!
お友達登録はこちらから。ID @rqq3744eからも検索いただけます!

お申し込みはPeatixからどうぞ!

☆ご自身でチケットを購入し入場いただいて、エントランスのところで、
 15時50分に集合となります。

☆また、本展の観覧料で入館当日に限り、「MOMATコレクション」(4-2F)、
「瀧口修造と彼が見つめた作家たち コレクションを中心とした小企画」(2Fギャラリー4)
もご覧いただけます。

また、写真掲載にはご参加の皆様から許可をいただいています。
お顔出しNGの方は、おっしゃっていただけましたら対応させていただきますので、
どうぞご安心なさってくださいね^^

お問い合わせはお気軽に!
下記アドレスまでご連絡ください。
shin4makiko@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください